産業ジュニア・リーダー養成コース

産業ジュニア・リーダー養成コース

◆目的・内容

 本研修は、次の世代を担う、中堅・若手リーダーが、現場の中核メンバーとしての役割を自覚し、自ら進んで課題を設定して行動する力とリーダーシップを身に付けるための宿泊研修です。

本研修3つのねらい

   ・主体的な役割創造

            組織を取り巻く環境変化や上下左右からの期待に目を向け

    主体性を持って、自らの役割を創造する方向へと動機付けると

        ともに、前向きな意欲や姿勢を育みます。

     ・コミュニケーションで周囲を動かす

        上司、同僚、後輩と連携し、説得や意思疎通によって、チーム

        ワークで仕事を前進させる力を育てます。

   ・異業種の交流による刺激と行動

        異業種各社の中堅・若手リーダーが集い、参加者が主役となる

        各種演習や意見交流を通して、相互に刺激・啓発し合います。

        触れ合いの中から新しい行動へのポイントを掴んで行きます。

5つの特徴&研修効果

   中堅・リーダーに期待される役割

       中堅社員に期待される役割、立場、責任を理解し、役割遂行に必

       要な知識や能力について、体系的に学ぶことが出来ます。

   自ら考え、学び取っていく

       個人研究、グループディスカッション、ロールプレイング、ビジ

       ネスゲーム等の参加型の体験学習を通して、自ら考え学びとって

       いくプログラムです。

   ・フィードバックによる啓発

       一人ひとりが、コミュニケーション実習時の相互フィードバック

       や講師からのコメントを通して、自分の対話力を振り返ることが

       出来ます。そこから深い気づきが促されます。

   ・職場の知恵を生かした問題解決

       参加者は、職場で悩んでいる具体的な問題を取り上げて、互いに

       知恵や体験を出し合い、学んだ手法を活用して、自分達で解決策

       を導き出します。職場の実践につながる、学習プロセスです。

   ・視野の拡大と自己成長

       宿泊研修を活かすことによって、相互の深い交流から、各人の視

       野と広がりと成長が促され、職場の活力の基へと繋がります 。

◆発  足

昭和43年2月開設(修了者56,000人)

◆対  象

職場リーダー、主任・係長候補など、企業の中核として活躍するリーダー及び中堅社員

◆期  間(1泊2日)

 


平成29年  11月16日(木)~17日(金) 

 平成30年       2月21日(水)~22日(木)

       6月14日(木)~15日(金)

        9月13日(木)~14日(金)

       10月18日(木)~19日(金)

       11月15日(木)~16日(金)

◆会  場

国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)

◆参 加 費

一般 27,000円(資料・宿泊・食事代含む) +消費税2,160円
会員 25,000円(資料・宿泊・食事代含む) +消費税2,000円

◆最近グループ討議で採り上げられたテーマ

  • コミュニケーション不足による情報・伝達の不具合への対応
  • 雇用形態が多様化し、非正規社員のウエイトが増え、入れ替わりが激しい
  • 職場環境が低下している(人手不足で常に忙しい。残業時間が多い)
  • 各部署での情報の共有化が図れていない
  • 個人、部署間での仕事量の格差・業務量の偏りが見られる
  • 作業効率の改善方法があるにもかかわらず、会社側が変化を好まない
  • 技術継承、熟知経験者の退職・不在による職場での活力低下問題
  • 女性活躍推進と男性社員のモラル問題

◆備  考

修了証が授与されます。

 

◆平成29年度パンフレット

画像をクリックするとPDFが開きます。

junior leader1

junior leader2