労働法規実務コース

労働法規実務コース(短期集中型)

◆目的・内容

 労働法規の実務を習得するには、理論的掌握のみならず、具体的問題に対する応用の展開が必要です。こうした問題解決のための対策を、6講座に分けてマスターする実務に役立つコースです。

平成29年度開催日程

第1講座(10月4日)   「就業規則と労働時間・休日・休暇」
第2講座(10月12日) 「メンタル疾患・健康管理・安全配慮義務と労働災害」
第3講座(10月17日) 「賃金・賞与と退職金」
第4講座(10月27日) 「懲戒処分と解雇・退職」
第5講座(11月2日)   「労働条件の変更・企業再編と社員の異動」
第6講座(11月8日) 「パートタイマー・派遣社員の管理」

◆発  足

昭和39年開設以来、今年で68回を数えます。
(昭和年代は、春と秋、年2回開催。平成に入って、年1回が定着し、今日に至っております。)

◆対  象

人事労務の実務担当者、もしくはそれに準ずる方(新任担当者歓迎)

◆期  間

10月第1週目より週1回(原則・木曜日又は火・水曜日)の6週間
(1講座1日 14:00~17:00)

◆会  場

全国町村会間(永田町)又は弘済会館(四谷)等

◆参 加 費

一般 80,000円(消費税8%と資料代含む) 
会員 76,000円(消費税8%と資料代含む)

※単発でお申し込みの場合は、1講座1名につき一般15,000円、会員14,000円(消費税・資料代含む)

◆備  考

経営法曹会議所属のベテラン弁護士が作成しました詳細なレジュメ・資料を使って、実務に役立つ講義を中心に進められます。